デリヘルやホテヘルなどの風俗求人

イメージ

最近、子供の夢ランキングの中に「キャバクラ嬢」がランクインされることがあった。
もちろん上位層ではないものの、十分に「ランクイン」といえるレベルに順位付けされたのである。
以前は、風俗や水商売と言っただけで、マイナスイメージがあった。
しかし、この結果を見る限り、最近ではそのマイナスイメージも、徐々に払拭されている傾向にある。
現在、風俗店は、日本に約1万店存在していると言われ、その多くが風俗求人を出している。
以前は、風俗求人を見つけるのは、特殊な方法が必要であった。
しかし、現在ではインターネットの普及により、より身近に、簡単に、風俗求人を探すことができるようになっている。

風俗嬢

kyuujinsuu

現在、風俗店は約1万件日本に存在しているが、在籍する嬢は各店約30人程度である。
そのため、単純計算で、1万✕30人で、日本には30万人の風俗嬢がいると推定される。
日本人の総人口は約1億2600万人であり、その中で、風俗嬢として活躍できるのは、女性だけである。
そのため、6300万人のみが風俗嬢として働くことができる計算になる。
6300万を30万で割ると、約210であり、女性210人に一人の割合で風俗嬢がいることになるのである。
実際には、労働可能年齢などもっと考慮するべき部分は、あるが少なくともこれ以上の割合で風俗嬢は存在しているといえる。
一例として、医者は日本の総人口に対し、500人に一人程度の割合で、存在している。
つまり、医者よりも風俗嬢のほうが、日本においてその数は多く、身近と言えるのである・

求人数

image

風俗嬢の割合は人口に対して、とても多いのである。
そのため、常に風俗求人情報が、大量に存在する状況となっているのである。
現在、日本最大級の風俗求人サイトでは、常に2000件以上の風俗求人が出されている。
これは、もちろんその比率によるところも大きいが、風俗の多種多様な種類によるものでもある。
風俗には、ソープランド、デリヘル、箱ヘル、ピンサロ、セクキャバ、など様々な種類が存在している。
そのため、様々な種類の風俗求人が出されやすいのである。
特に、それらは住み分けがなされていることも、求人数の多さの大きな要因である。
言うなれば、ソープは「大金を稼ぐ」という点においては最高の環境だが、それゆえに客からの期待も大きい。
そのため、サービスのために体力をかなり必要とする風俗である。
一方「セクキャバ」などでは、キャバクラの延長という意識も強く、「体力」的な疲労はたまりにくい特徴がある。
それ故、女性が自分にあった求人にだけ応募する傾向にある。
そのため、風俗店側も様々なニーズに答えられるように、多くの求人を発行するのである。


関連リンク

沼津で利用するべき人妻デリヘルといえば-人妻本舗妻デリ屋
盛岡界隈に出張してくれるデリヘルを利用するなら@REAL
自由に稼げる神戸人妻求人の詳細は│おいらん求人
大阪で稼げる風俗求人情報はこちら|ぽっぷCOM
金津園の稼げる風俗求人情報をいち早く手に入れろ!|ガールズへブン

おすすめ記事